賃貸における保証人について

ホームへ戻る >  マウスピースによる矯正  > 賃貸における保証人について

通常、賃貸物件に入居する際には、保証人を用意する必要があります。これは入居者が万一家賃を支払えなくなった場合、あるいは夜逃げなどを起こした場合に大家が保証人に代わりに家賃を支払ってもらうためのものです。この保証人を用意できるかどうかが、賃貸探しの際に重要なポイントとなってくるのです。


保証人には、実は2つの種類があります。通常の保証人と連帯保証人です。どこが違うのか、それは大家からの家賃支払いの要求に対する対応にあります。連帯保証人の場合、大家から請求された場合には、それにしたがって支払う必要がありますが、保証人の場合は「催告の抗弁権」というものがあり、請求された場合にも、まず入居者に返済を迫るべきだと拒むことができるのです。たとえば入居者が家賃を支払うだけの財産を持っているのに支払おうとしない場合に、この差が大きく出てきます。賃貸物件を探す際には、この違いも確認しておくようにしたいものです。

もうひとつは保証人の責任について。家賃を代わりに支払うことはよく知られていますが、他にも負うべき責任があります。代表的なところでは損害賠償責任債務。つまり入居者が意図的に設備を破壊したり、破損させたりした場合に生じた修理費用を払う義務です。それから光熱費や水道代なども含まれます。


保証人は親や兄弟など身内がなるのが一般的ですが、そういった人がいない場合には保証人を代行している業者を利用することも可能です。また、保証人が必要ない賃貸物件も増えてきています。賃貸探しの際にはこの保証人の問題についてもしっかり踏まえておく必要があるのです。