一戸建て購入の申し込み・契約・ローン

ホームへ戻る >  歯列矯正について  > 一戸建て購入の申し込み・契約・ローン

一戸建て住宅で実際に購入したい物件が決まったら、まず購入申し込みを行う必要があります。その一戸建てを購入したいという人が数人いる場合もあり、そうなると先着順か抽選によって購入者が決まります。抽選の場合は購入希望者の中から当選者が決まり、その当選者のみが売買契約を行えます。しかし当選者が契約を行わなかった場合は、再度抽選を行うか、または次点の人が繰り上がりで購入する権利が与えられます。

「申し込み」とは、自分がその家を購入したいということを正式に伝えることで、売り手は他の人間にその家を売らないことを約束します。基本的には「申し込み=購入」です。ですから申し込みの際には「申込証拠金」が必要になります。申込証拠金の額は10万前後で、もし申し込みを解除した場合は証拠金は購入者側に返却されます。申し込み解除を行わず、そのまま契約に進めばその証拠金は家の購入金額の一部として支払われます。つまり申込証拠金というのは独立した諸費用ではなく、家の購入代金の一部分だということです。申し込み解除をしても申込証拠金はこちら返ってきますから、何も損はありません。


一戸建ての売買契約が正式に行われたら、次にローンの申し込みになります。住宅ローンというものは売買契約書があって始めて成り立つもので、この契約書がないとローンの申し込みはできません。また、ローンを申し込んでも認可されないというケースも稀にあるので注意が必要です。