歯列矯正について

ホームへ戻る > 歯列矯正について

足場のレンタル
CMS化の利点
一戸建て購入の申し込み・契約・ローン
建築について
デュアルホワイトニング

歯医者で行う重要な治療のひとつに歯列矯正があります。歯並びの悪さを矯正する治療です。歯並びが悪いとさまざまな悩みを抱える場合があります。しかし影響が外観だけの問題ではなく、歯並びの悪さは頭痛や肩こりの原因になったり、ストレスなど精神面に影響をもたらしたり、さらには顎関節症などの症状をもたらす場合もあります。心身ともに健康的な状況を維持するためには歯並びの矯正は欠かせないのです。


歯医者ではそんな歯列矯正も治療のひとつとして取り扱っています。この治療では独自の器具を使用して行われます。代表的なものとしてはワイヤー矯正と呼ばれるもので、歯を固定しながら少しずつ動かしていくことによって矯正していきます。

かつて歯列矯正といえば、器具が目立ってしまうという問題点がありました。しかし最近では「見えない矯正」とも呼ばれるような方法も登場しています。透明なセラミック製のブラケットや、歯の裏側にワイヤーを取り付ける方法など、見栄えに配慮した方法が歯医者によって選択されています。


もうひとつ問題となるのが治療期間と費用の問題。歯列矯正は治療に時間がかかります。歯並びの状態にもよりますが通常1~2年程度の期間がかかります。その間、月に1~2回程度の頻度で歯医者に通って経過をチェックしていくことになります。費用には保険が適用されないため、全額負担、100万円程度の費用がかかります。ただ日常生活に直接の影響を及ぼすものですし、子どもの場合は顎や発音の発育にも関わってくるだけに、欠かせない治療となるのです。