PMSの症状

ホームへ戻る >  顎変形症などの矯正歯科の値段  > PMSの症状

PMS(月経前症候群)の主な症状には、身体的な症状と精神的な症状の2種類があります。どちらも排卵日から生理開始前にかけての10日前後の期間に現れる症状で、この時期のホルモン分泌の低下や乱れにより引き起こります。あなたがいつものことと気にしていない症状がPMSであるケースが非常に多いです。


身体的な症状は、下腹部の痛み、乳房の張りや痛み、腰の痛みやだるさ、吐き気や胃のもたれ、頭痛、むくみ、眠気、食欲の増加、肌荒れなどが一般的に多く見られます。これらの症状は市販の薬や婦人科に相談して適した薬を処方してもらったり、日ごろの栄養バランスのとれた食事や症状に適した栄養素を積極的に摂ることで改善できる場合もあります。

精神的な症状は、イライラ感、感情の起伏が激しい、怒りっぽくなる、心配性になる、落ち込みやすい、気が立って眠れない、無気力になる、憂鬱になる、不安に感じるなどの症状が現れます。これらの症状は社会生活を行う上で、自分だけの問題ではなく対人関係にも支障をきたす場合があり、症状が重い方は医師への相談をおすすめします。


PMSの症状には個人差があり、医師に相談しなければ日常生活が困難な場合などもあります。仕方のないこと、我慢すれば済むことと思わずに対策を講じることで毎月の憂鬱な期間を楽に過ごすことが可能になるかもしれません。女性である限り、大半の女性が関わり合うPMSと上手に付き合うことを考えてみてはいかがでしょうか。