レーザーによる無痛治療

ホームへ戻る >  貸事務所と立地条件  > レーザーによる無痛治療

これから普及が期待される無痛治療として、レーザーによる治療が挙げられます。レーザーは、歯を削る際の音や振動を無くすことができるため、実感として最も分かりやすい無痛治療に数えられます。麻酔を必要としない場合も多いため、副作用や術後の違和感も最小限に抑えることができます。ただし、まだ発展途上の技術であるため、正確性には課題も残ります。そのため、歯に金属を被せる場合など、微調整が必要とされる掘削には不向きだといわれています。どちらかといえば軽度の虫歯に最適な無痛治療だといえるでしょう。


レーザーにもいくつか種類があって、それぞれに効果が異なります。ただし、基本的には高熱によって細菌を死滅させる効果があるため、予防効果が高いという点では共通しています。また、照射時間は瞬間的なもので、出血が起こりにくいというメリットもあります。術後の痛みを発症する例も少ないため、無痛治療としては非常に有効性が高い技術です。

麻酔を必要としない点も利点に数えられますが、麻酔薬ほどの効き目はありません。そのため、症状によっては麻酔と併用する場合もあります。また、通常の器具と比較すると治療に時間がかかります。ただし、レーザー照射はコンピュータによって制御されているため、安全性などには問題ありません。


レーザー治療は知覚過敏などにも応用が可能です。さらに、口内炎を改善したり、歯茎の黒ずみを除去したり、口腔内全般の治療に用いられています。歯の根っこ部分をピンポイントで治療できるため、歯周病の改善などにも効果を発揮します。