矯正の時の食事

ホームへ戻る >  貸事務所と立地条件  > 矯正の時の食事

矯正している間は、装置を歯に装着することになります。しかしだからと言って、食事がしにくくなるとか、食べていけないものがあるわけではありません。いつも通りの食生活をしていて構いません。


ただし、適度というものをわきまえる必要があります。特にワイヤー矯正の時には、いくら食事に気をつけないといいからと言って、好きなものばかりを食べていては、ワイヤーが引っかかってしまうかもしれません。例えばガム、キャラメルなど、粘着性のある食べ物を食べていると、ワイヤーがくっついてしまうことがあります。せんべいなど硬いものも、おすすめしません。これらの食べ物は、どちらかと言えば嗜好品です。普段の食事はいつもどおりにして、あまりにも硬いもの、粘着性のあるものだけを避けるようにするといいでしょう。

また、矯正装置をつけている間は、虫歯になりやすくなるので、食べた後にはブラッシングを心がけるようにしましょう。食べ物だけではなく、砂糖の入っている甘い飲料水を飲んだ後も、ブラッシングをすることをおすすめします。


取り外しができる矯正装置なら、食べ物が装置に引っかかったり、食べカスや砂糖が歯についたりするのを防げます。例えば透明で見た目にも目立ちにくい、透明マウスピースなどの装置は、簡単に取り外しができるので、食事や歯磨きの時に便利です。ただし、取り外しができるからと言って、食後のブラッシングは怠らない方がいいでしょう。