競売物件の一戸建て住宅

ホームへ戻る >  自然素材の注文住宅の特徴や利点  > 競売物件の一戸建て住宅

競売物件競売物件という言葉をご存知でしょうか?住宅ローンなどを払うことができなくなったために担保物件として裁判所などに差し押さえられた住宅等を差します。競売で第三者に値を付けてもらい、売買された金額を銀行の回収として充当されることもあります。官報などを通じて公告が出された物件に対して、直接裁判所等へ出向き競売に参加するという方法で一戸建て住宅を手に入れるという方法を取ることができます。また、競売を通じて安く競り落とした一戸建て物件を専門に扱う不動産業者もあります。

競売物件の背景としては、築年数が比較的浅い、間取りが多い、住宅クオリティが必要以上に高いというメリットがあります。逆にいえば、競売物件としての売却最低ラインも高い傾向にあります。また競売ということで申込金等の即金を求められることも多くあります。先述の不動産業者を介して購入した場合には、前の持ち主の支払い状況を調べたり、現行の評価額を調べる等の時間が必要になります。今回の融資申込者に対しての審査の長期化等厳しくなってしまいます。銀行側としては前居住者の支払い滞りで焼付き負債が出た分、融資額は必ず回収しなければならないので、申込額に対して融資可能額に制限が出てしまう等というデメリットもあります。


また、前の居住者が住宅ローンなどを支払うことができなくなったというような「前科」がある住宅ですので、どんなに住宅自体のクオリティが良く、一戸建てに居住される方が頓着しなくても、購入者の御親戚まわりの心象が悪くなることもありうる話です。競売物件の購入を検討される際には、必ず御親戚等の意見も取り入れるようにしましょう。