仲介手数料が必要ないケース

ホームへ戻る >  自然素材の注文住宅の特徴や利点  > 仲介手数料が必要ないケース

不動産に関連した売買や賃貸といった取引を行った場合不動産に関連した売買や賃貸といった取引を行った場合には、必ず仲介手数料を支払わなければならないというイメージが強いようです。しかし取引方法によっては手数料を支払う必要がない場合もあるのです。これは最近増えている仲介手数料無料の物件とは意味合いが異なっています。


もともと仲介手数料とは不動産業者が売主と買主との間で物件情報などを仲介することによって発生するものです。ですから間に不動産業者が立たないで取引が行われる場合には、当然のことながら手数料が発生しないのです。

最も典型的なケースとして挙げられるのが新築物件でしょう。住宅会社と直接売買を行うことが多い新築物件では、多くの場合、仲介手数料は必要ありません。新築物件と中古物件の間にはさまざまな違いが指摘できますが、その大きなひとつとなるのがこの手数料の有無なのです。重要なポイントとなりますから覚えておいて損はないでしょう。


もちろん個人間の売買の場合も手数料は発生しません。賃貸の場合も賃貸物件に張り出されている入居者募集の広告を見て応募したり、知人を通じて紹介されて契約を結ぶ際には手数料が発生しないことになります。


不動産業者が間に入らないと両者の意思の疎通や情報の提示などがスムーズに進まないという問題点もありますが、場合によっては不動産業者が必要ない取引のケースもあるわけです。取引の際にどれだけ費用がかかるのかも含め、仲介手数料の仕組みとともに覚えておくとよいでしょう。