自然素材の注文住宅の特徴や利点

ホームへ戻る > 自然素材の注文住宅の特徴や利点

木造の問題点と解決法
仲介手数料が必要ないケース
一戸建て住宅と住宅ローン乗換え
競売物件の一戸建て住宅
家の購入でマンションを選ぶメリット

最近ではシックハウスやアレルギーなどを理由に注文住宅を検討する人も増えています最近ではシックハウスやアレルギーなどを理由に注文住宅を検討する人も増えています。家の材料にはホルムアルデヒドなどの化学物質を含むものも多く、シックハウスやアレルギーなどを抱える方にとって、自然の素材を使った注文住宅はとても大事なことです。またそれ以外にも自然素材が注目されている理由には、自然素材ならではの温かなみや色が落ち着きを与えるのも大きな要因です。それに無垢の木や漆喰や珪藻土の塗り壁には他の利点もあります。


たとえば無垢の木は他の木に比べて衝撃を吸収する力に優れているため、お年寄りや小さい子どもがいる家庭ではより安心です。また床などもこの無垢の木にすると反響音を吸収するので、2階の床などに使うといいかもしれません。また漆喰や珪藻土の塗り壁には自然の調湿機能があり、昔から家作りに使われてきました。これは漆喰や珪藻土が湿度にあわせて湿気を吸収したり放出したりするからです。これらの自然素材を使った注文住宅は、私達の心を和ませてくれる利点もあります。

自然素材を含め建材を選び時に、シックハウス法のなかで定められたエフフォーを参考にするといいと思います。このエフフォーは建材のホルアルデヒド放散値を示したもので、たとえば☆☆☆☆は星4つで、この星の数が多いほどホルアルデヒドを放散する量が少ないことを表しています。ただたとえ自然素材を使っても、完全にはアレルギーやシックハウスなどの症状を抑えることはできないという点は注意してください。その場合は米を原料とした接着剤や、柿を原料とした柿渋の塗料や和紙や、羊毛を使った断熱材といった自然素材を使ったり、専門家に相談してください。