歯が抜けた場合の処置なら皆野歯科クリニック

私達の歯は年を重ねるにつれて、虫歯やいろいろな理由で歯が抜けたりします私達の歯は年を重ねるにつれて、虫歯やいろいろな理由で歯が抜けたりします。これまでは歯が抜けるとブリッジと呼ばれる固定式入れ歯か取り外し式の入れ歯が一般的でしたが、現在歯科ではインプラント治療などの新しい治療方法も普及してきました。ブリッジは抜けた歯の隣の歯を削り、その両隣の歯に橋をかけるようにして固定する方法からブリッジと呼ばれています。保険が適応され、固定式なので安定感もあり、見た目も違和感がありません。ただ両隣の歯が健康でも、固定するために削る必要があるので、あまり気持ちがいいものではありません。


取り外し式の入れ歯はブリッジの場合と違い、固定するための両隣の歯がない場合などに行う治療方法です。1本だけ抜けた場合から総入れ歯までと、どのような状態にも対応できます。取り外しができるので、使わない場合は入れ歯専門の洗浄剤につけて清潔に保つことが容易で、歯科では保険も適応され自己負担も少なく作れます。ただ装着した時の感触に違和感を感じる方も多く、慣れるまでは多少時間が掛かります。また形状次第では食事中に外れたりすることもあります。

インプラント治療は、保険が適応されるブリッジや入れ歯と違い自費になります。インプラントと呼ばれるチタンなどを歯の無くなった顎に埋め込んで歯の土台を作り、その上に人工の歯をかぶせて作ります。人工の歯ですが見た目もほとんど本物の歯と同様で、ブリッジなどと比較しても安定していて使用期間が長いのが特徴です。ただブリッジや入れ歯と大きく違うのは、埋め込みのための手術が必要で、治療に要する期間も半年から1年程度と長いのが難点です。いずれにしても歯は単に食事をするためだけでなく、見た目も大事な部分なので歯科の先生とよく相談されることをお勧めします。